フォト
無料ブログはココログ

2010年10月15日 (金)

カブキ・メイクの『デッド・カー』さんがいた…

Img_0722

それまで走っていた車が、何かの具合で動かなくなったり。

何かの都合で必要なくなったりして。

道端に、“とりあえず”置いておかれる。

これが、まあ、『街角のデッド・カー』さんたちの、

デッド・カーとしての履歴の始まり”といったところだろうか。

Img_0724

この、“とりあえず”。

これが、多分、ポイント。

あくまで、「仮に据え置かれる」というわけだ。

しかし。

このヨノナカの大半のコトガラが、実のところ、

この「かつて自動車だったモノ」のように、

とりあえず”始められ、“とりあえず”継続されながら、

年月を重ねるうちに、

本来その場所に居る事になった、とっかかりとしての“とりあえず”が、少しづつ溶け去ってしまって、

あたかも、なにか具体的にはっきり明示できる根拠を持っていたかのような“自信に満ちた顔つき”を備えていくのに対して。

この「デッド・カー」さんたちに共通しているのは、いつまでも「とりあえず、ここにいるんです」、と言いたげな“頼りなさ”だ。

Img_0723

そして、その「居心地の悪そうなたたずまい」こそが、なんか知らんがワタシを惹き付ける。

(写真の「カブキ調メイク」も「頼んでないのに勝手に描かれちゃって…」というつぶやきが聞こえてきそうだ…)

なんにも役に立たないものとして、とりあえずそこに据え置かれた、

かつて、「自動車と呼ばれたモノ」たち。

デッド・カー(死車)」さんたち。

てわけで。

んじゃ、また。

2010年10月14日 (木)

『デッド・カー』さんがいた…

Dscn1893

町ん中、自転車で走ってると。

風景に溶け込んで、見落とすことが多いんですが。

動きの多い車道やら、交差点やらの。

少し「ポイントのずれたようなところ」になにかが蹲っていたりします。

なんか、「空気が澱んだようなところ」に、ですね。

お写真のような、『かつて自動車だったモノ』が、佇んでいたりするわけです。

Dscn1894

しかし。

不思議なもんで。

そうやって一度イシキしてしまうと、今度は逆にそこ通る時、必ず目が行くようになるんですね。

道の端の「庚申塚」とか、「道祖神」とかじゃないですが、

なんか、「“拝みたい”圧力」を感じる今日このごろであります…

(やっぱ。“秋は汚染値”もとい“おセンチ”だわ、ワタシ…)

( ´;ω;`)ブワッ

2010年9月28日 (火)

『雨』が降っておりますね…

Img_0725

いやあ。

このところ、雨ですねえ。

こんな日には、どうも昔のことなんか思いだしたり。

あれこれ考えたり。

つい、もの思いにふけったりしがちであります。

以前の“日記”をつい読み返してみたりして、

そこに書き付けられていることが、

まるで他人が書いた不可解な「暗号」であるかのように

感じられたりいたします。

たとえば。

今からおよそ、2年前。

『2008年、9月20日、午前1:55』

雨の夜。

ワタシは、“日記”に、こう書き付けています。

 

 『夜中に、電話が鳴った。ワタシは深く眠っていた。

 「しかしなんだな。
雨って。降ってるのはとりあえず、水なのな。

 巷では、『ボル○ィッツ』(だっけか?)とか、『六甲のお○しい水」とか売ってるから、

 「歌舞伎町のちょい苦がの雨」とか、詰めて売れないか。

 「ツインタワー・レイン(炭酸入り)」とか。

 都庁ビルの形の容れ物で。

 石○慎太郎、ごくごく飲んだり。東京五輪公認飲料な。

 「富士山のおいしいゲリラ豪雨」とかな。

 でっかい漏斗を屋根につけて、雨樋伝わせて、その先にペットボトル仕込んで。

 こりゃ、いそがしくなるぞう。

 最初はおれ一人でやるけど、近くの農○に話つけて売り出すのな。

 地元の生産物だから、まずは○協だな。筋、通さんと。やっぱな。
 そこで実績つくって、ダ○エーとか、イ○ー・ヨーカ○ーとかにおいていただいてな。

 そんときまでには、バイト雇ってな。

 バイトの子たち。一滴も無駄にすまいと精を出すのな。

 暑い夏の日。

 額から流れる汗。雨水詰める若者達。
 「一本づつ、飲んでいいぞう。ごほうびだ。」
 

 俺の言葉に、ほっと息をつき、張り詰めていた空気が和む。
 タオルで汗をぬぐいながら、倉庫の戸口から差し込む光の中で

 「阿蘇の火山灰雨」に口をつける若者たち。

 あと、きちっと成分表示もしてな。

 秋には枯葉入れたり、春には黄砂な。

 季節感だして。100%降雨水「春夏秋冬」。

 あと、ブレンドな。『武蔵野のどしゃぶり』と『長崎は今日も雨だった』を、3:7の比率で混ぜる。

 辛口。大人の味。
 『日本各地の「地雨」が静かな、とても静かな、このうえなくひっそりとブーム』とか、

 朝○新聞の文化欄に書かれたりしてな。

 うひゃー。まいるな、これまた。

 いやあ、夢はひろがるな。

 しかし、なんだな。さっき、ベランダに出た。
 ざーざー雨降ってるな。

 そんで、吹き込む雨に口あけてみたんだけど、
 降ってるのはやっぱ、
 ほんとに、
 水なのな。」

 知り合いの道具屋の店長(46)が電話口でほとんど一息に話した。
 もうすぐ夜中の2時だ。
 あまりに眠くて、うん、うん、と相槌を打ってあしらった。
 電話を切った途端に、目が覚めた。

 なんのトピック?
 こんな夜中に?』

 

いやあ。

二年前のオレよ。

そんなこと言われても。

そして。

ワタシは。

一昔前の。

「大沢誉志幸」さんの歌のように。

途方に暮れるわけなんです…

                

2010年9月18日 (土)

『熱海の捜査官』、大予想、全然違った…(涙)

いやあ。

ワタシが悪かった

でも。

そうきましたか。

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。

そうかあ。

まいったなあ…………………(u_u。)

2010年9月17日 (金)

『熱海の捜査官』、大予想してみる…パート・2

いやいやいや。

人生、ほんと、イロイロなことが降りかかってまいります。

ワタクシ、先程、外出していたのですが、車と危うく「接触事故」になりそーでありました…

\(;゚∇゚)/

いざとなったら、「平坂」さんに蘇生させてもらわなきゃ…。

r(^ω^*)))

というわけで。

パート・2!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

●「バス失踪事件」が、「第2の事件」なら、「第1の事件」は?

月代 美波の飛行機墜落事故」を指すのでは?

占部日美子の言葉、「形は違うけど、目的は同じ」(第5話)。

●「写生クラブ」って何?

市長に対する“恐喝”をおこなうグループ?

東雲」、「月代」、「萌黄」、「椹木」の四人が核となり、そこに、市長の腹違いの兄妹となる「四十万」、「甘利レミー」が入る。

「四十万」と「レミー」は、市長の動向をキャッチするために加えた。

四十万」は、市長に対する反感四人へのシンパシーもあり、四人の「計画」も気付いているが、「レミー」は自分に期待されているのが単に「市長の情報」であることに不快感があり、離脱?

(「レミー」はドラマ全体を通じ、「誰も自分に興味を持ってくれない」と嘆く姿が見られる。)

(また、「朱印頭」らに、「陶芸クラブ」の隠し撮りを見つかって問い詰められたとき、言い訳に「恐喝」をあげたのは、「写生クラブ」のことが頭にあったからでは。)

「写生クラブ」であることには大きな意味はない?ただ、「全裸の写生」を見てもわかる通り、他の者を近づけないような“淫靡な秘密性”がある。それは、Lepus陶芸クラブも同様。

●「新宮寺」は何者?

バスの運転手をしながら、副業として「Lepus陶芸クラブ」に“援助交際女子高生”を紹介、「朱印頭」からマージンを受け取っている

「椹木みこ」も、新宮寺が紹介したため、「写生クラブ」が恐喝を始めた後、市長=朱印頭の命令で、椹木の部屋を捜索したのでは?

バス失踪事件」後、その強烈なショックから、「月代 美波」の宗教に傾斜。教祖「月代」の最後の姿を知る者として、「Mr.2」となる?

●「敷島」は何者?

四十万」、「星崎」への対応を見ても、興味・関心を抱いた対象に、「性的含みを持たせた接触」をすることで、操ろうとしたり情報を得ることを常套手段とする?

当然「新宮寺」とは親密な関係であり、情報を得ていることから、市長・朱印頭の関係や、援助交際の実態、市長への恐喝、「月代」の宗教についてなども把握している。

「新宮寺」が死んだ後は、あからさまに「星崎」への接近をもくろみ、アピール?

●「阿久根寮長」は何者?

「市長」とつながりのある「校長」の愛人であることから得ている情報(「援助交際」のこと)や、寮で得た情報(月代の宗教)など、「敷島」とは別ルートながら重なる部分があり、敷島とは共通理解をもつ?

「学園」にスキャンダルをもたらすであろう「恐喝」、「援助交際」、「月代の宗教」などが再び表に現れないよう、「黒魔術」を施している?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

てか、こんな調子じゃ、明日(あ、もう今日か…)の放送までに“大予想”、終わんないじゃーん!

(急に横浜弁?)

番組終わっても書ききれないじゃーん!

ってワケで、まあ。とりあえず、やめとこ…

(ノ_≦。)

2010年9月16日 (木)

『熱海の捜査官』、大予想してみる…パート・1

いやあ。

涼しくなりましたねえ。

んで、「熱海の捜査官」

とりあえず、ちらっと、ワタシの予想を。

あくまで個人的「妄想」なんで、罵倒しないでね…

お願い…(u_u。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

●「バス失踪事件」は本当にあったのか?

いや、勿論、バスは消えたし、四人は失踪したんで、実際に「あった」訳だけど、目撃者は、「新宮寺」と「蛇川」だけ。逆に二人を「証人」とするような形で、「四人の女子高生」と「平坂」が共謀して、失踪事件を演出したのでは?

●何のために?

彼らが探求する「死後の世界」を解明するため身を隠し、再び強い影響力を備えた形で戻ってくるため?

●何故、南熱海で、あのタイミングで?

1.四人と平坂が、この地に集まっているから。(偶然?)

2.平坂市長と「湾岸道路建設」についての裏取引(地上げ目的?)を交わすことで、「実験用地」、「電源」、「資金」を確保したから。

3.「椹木みこ」が「レプス陶芸クラブ」に入り、「援助交際」の証拠を掴み、市長を脅迫?することで、失踪がある意味、市長にとって“望ましいこと”とする。(四人と平坂が計画?)そういった「空気」を利用するため。

(「バス失踪事件」が起こり、“偶然”に恐喝問題から解放された市長としては、自然と事件解決に消極的な姿勢となる。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おっと!

用事を思いだした~!

続きは、また!!!

人( ̄ω ̄;) スマヌ

2010年9月12日 (日)

『熱海の捜査官』、ぐわあ~、やっぱ、気になる…

気になりますね。まったく。

え。「熱海の捜査官」ですよ。

番組のHPの掲示板にも書いたんですが。

この“ドラマ”のモチーフは、「日本の神話」なのかと。

あ。

以下がその文章。(かなり、加筆。)

『四人をつなぐキーワード。「」。

萌黄 泉」と「平坂 歩」に、「黄泉平坂(よもつひらさか)」(ヨミの世界とこの世界の境界=ライン?)の名前が隠されてたり。

(おまけに「空と海と虹の会」に続く送電線は、敷地の地下(ヨミの世界)へ引き込まれている。地下において平坂のコントロールのもと、3人は「死」の状態に置かれているのか?東雲麻衣が平坂の共犯者?)

宗教の開祖「月代 美波」と“酷似”(?)した「月読命(つくよみのみこと)」という神様がおり、「黄泉」と同一の意味を持っていたり。(世界神話辞典「黄泉の国」の項参照。)

「この世」を生んだのは、「イザナギ」、「イザナミ」の“2”人の神だったり。

(つまり、“2はこの世の始まりの数。)

(また、「」と「」、「」と「」、「」と「」、「」と「」。“2つの世界が混じりあわないってことがこの町の問題”という星崎の言葉に対応した「2項対立」を示す数字。)

モチーフ。“日本の神話”?』

いやあ。

なにかと、謎が尽きませんねえ。

「ドラマの流れから読み取れる事件の構図」については、ただいま整理中。

整理できたら、書こうっと。

しかし。

来週。

最終回。

楽しみで悲しいいいいぃっ…

ヽ(´▽`)/(ノω・、)

(見てないヒトには何のことか、わかんないだろーなあ…)

(スンマ1,000もといスンマセン…)

2010年9月 9日 (木)

『ノストラダムスの大予言』、DVDにしないで…

欲しい。」

観たい。」

経験したい。」

そう思っても、めぐり合わせが悪かったのか、「手に入らなかった」り、

「観ることができなかった」り、「体験できなかった」ことって、ありますよね。

「欲しかったあのモデルガン…」とか、「観たかった憧れのバンドのインディーズ時代のライヴ」とか。

あるいは「体験したかった、あの秘境に行ける最後のツアー」とか。               

そういった「出来なかったこと」の中には、なんか“すげえパワーのあるマボロシ”が入り込み、随分長い間、ヒトの心を捉え続けることがあるようです。

そして、仮に。

そのことを、時の流れの中で、忘れさっていたとしても。

あるとき、なにかのきっかけで、

再び姿を現したりすることがあるんです…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

古本屋で、こんなものを見つけました。

Dscn1984

1974年の、8月30日から9月5日にかけて、

日本劇場で行われた「山本リンダ」ショーのパンフ。

中を見ながら、

Dscn1985

「へー、バックバンドは“宮間利之とニューハード”かあ。じゃあ、演目にある“スピニング・ホイール”(BLOOD, SWEAT & TEARS の曲)は、ノリノリだね」

とか、

「“宮尾すすむ”さんもでてんのネ。やっぱこのとき既に、“ハイッ!”とか言ってでてきたんだろーか。」

などと、とりとめもなく考えていたんですが。

ちょうど真ん中あたりに、見開きで映画の広告が。

Dscn1986

おお、「ノストラダムスの大予言」!!

その瞬間。

ワタシは、かつてワタシを捉えていた、

“すげえパワーのあるマボロシ”のなかにいる自分を発見いたしました…

Dscn1987

そう。そうだった。

「由美かおる」さんは、「大ナメクジ」を、“今にも泣きだしそうな顔”で見るんだ!そうだった!

ちなみにワタクシ。

この映画、見てません。すごい見たかったんです。

(当時雑誌などに載っていた荒い印刷の写真を、食い入るように見てたのを思いだします。上のお写真も、そういった一枚でした…)

でも、ワタクシのご両親が“ダメ!”ってことで。

それでも。いやそれだからこそ、でしょうか。

なんか、いまだ“ドキドキ”するんすね、この映画のこと考えると…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

やはり、「丹波哲郎」さんです。

一人三役。欠かせません。この手の映画には。(=゚ω゚)ノ

(まあ、ワタシ、観てないんですけど…)

Dscn1988

事件としても、「ノストラダムスの大予言」ですから、そこはそれ、イロイロなことが起こるわけです。

上のお写真は、「一夜にして発生した雑草とその被害」の様子。

(「雑草」のせいで、電車が走れないみたいなんです…)

他にどんな現象が起きるかというと。

●赤潮の大発生して、漁師に自殺者続出。

(なるほど…)

●植物人間や人間が縮んでしまう新しいクル病の発生。

(凄そうですね…)

●一つの能力が異常に発達した子どもの出現。

(ほほう…)

「たとえば歩いてはいるのだが、物凄いスピードで走る子ども。ジャンプ力のみ異常に増大した女の子。電子計算機に負けない能力を持つ幼児。」

(う~ん…。「歩いてはいるのだが、物凄いスピードで走る子ども」ってどういう意味だ?「ジャンプ力のみ異常に増大した女の子」ってのも、イメージしづらっ!)

「20世紀少年」じゃないけど、昔から、あきらかに“世界の滅亡”は、“娯楽”だったんだなあ……………φ(・ω・ )メモメモ

………こうして時を過ごしていると。

どんどん、観たくなってくるわけですね。(u_u。)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そんで。

これ、日本ではDVD化されてない。(海外ではあるらしいが…)

……………あの。

DVD化しないでいいです、これ。

出すと、観ちゃう。

“ドキドキ”が消えちゃう。

そっと、しておきましょう、このまま………

2010年9月 6日 (月)

『熱海の捜査官』、気になる…

そういえば、最近。

「気になる」といえば。

これはもう、「熱海の捜査官」です…

いやあ。面白い。

「三木聡」さん、脚本・監督。

「ふせえり」さんに、「岩松了」さん。

「松重豊」さん。

「緋田康人」さん、「村松利史」さん。

「松尾スズキ」さん。

しびれますねえ…

(「オダギリ・ジョー」さんや「栗山千明」さんもいいですけどね…)

なんか、いよいよ大詰めで、掲示板に

「『次回、最終章』とかでてるけど、番組案内を見たら『最終回』になってなかった。まだ続くんだろ!」

なんて声もあり。φ(・ω・ )メモメモ

とりあえず録画を見返して、次回までに『真犯人』を突き止めること。

これがワタシの週末までの宿題であります。

さて、まず「人物相関図」を作成して、「キーワード」を配置し………………………て……………と。

……………だいたい、わかりま………………………せん。

……ああ~、オレはもう、だめだ~…。

⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

2010年9月 3日 (金)

これ、『フィギュア』の原点か…?

リサイクル屋さんの本棚に、突っ込んであったんです。

コレ。

Dscn1971

20ページくらいのブックレット。

「★★TAMIYA NEWS 1979 人形改造作品集」。

1979年度の、田宮が一般に公募した「人形改造コンテスト」の優秀作品を集めたものなんです。

チラチラ見てるうちに、昔が甦ってまいりました…

そうそう。いたなあ。近所に。

プラモデル好きなお兄さん。

Dscn1978

みたいなのとか。

Dscn1977

みたいなのとか、一杯持ってて。

そんなののパーツ組み合わせたり、自作パーツこしらえたり。

「オリジナル作品」作っては、見せてくれたっけ…。

いやあ、なつかしーねえ…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1979年。

「渡辺徹」さんの奥さんもバリバリの「現役アイドル」やってはりました~

ご紹介しますよってに、よろしく~!

「榊原郁恵」ちゃんですぅ~!

Dscn1948

(あ。)

(もしかして……、小金治…?)

(おまけに、このポーズ…。)

(「郁恵」ちゃんにも、“ともだちの魔の手が…?

(´;ω;`)ウウ・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

えー。

続きましてのご登場はぁ~

ただいま、人気沸騰中ぅ!

「ピンクレディー」のお二人ですぅ~!

どうぞ~!

Dscn1955

(おおっ。)

(これは。微妙…。)

(結構、各パーツ似てるだけに「悪夢にでてくる」度が、高い気が…)

( ̄Д ̄;;

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて。

それでは、ここで外国からのゲストが登場いたしますぅ~。

拍手でのお迎え、たのんまっせ~!

「カルロス・サンタナ」さんですぅ~!

Dscn1967

(おっと、すみません。)

(もちろん「サンタナ」さんは「地獄の軍団」じゃないです。)

(上に、ほら。「キッス」がいて。(-_-X))

(『ほんと、迷惑してんすよ。あいつらにも…。』~サンタナ談)

(確かに。)

(汚名を着せられて。)

カルロス、悲し気だ…。)

( ´;ω;`)ブワッ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それでは最後に、

ここまで、司会を務めさせていただきましたぁ、

「西川きよし」ですぅ!

ああ、ぎょうさんの拍手、どうもありがど~!

(泣く)

Dscn1959

(いやあ…………)(@Д@;

これ。)

(ぜったい、中に何か入ってる…)

(『寄生獣』かなんか…)ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

«『新聞のツーショット』。なんかヘン…

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツリスト

  • 人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村40代男性日記
  • fc2ブログランキング

最近のトラックバック