フォト
無料ブログはココログ

« 「クリスマス盤」て「レコード」、ございますね~、そこんとこの話しです~ | トップページ | 「社歌レコード」の“輝ける世界”(1)~「未来」って“明るい”なあ! »

2008年12月22日 (月)

「絶版文庫を求めて…」(3)~ハヤカワ海外SF文庫編ですね…

Img_1240

そう。これは、一昔前の話。

たとえば、“ストーカー”という言葉が、今のように、「誰かを付けねらう偏執的傾向をもったヒト」を指すのではなく、

SF好きな者たちの間では、「“ゾーン”と呼ばれる地域を、自由に行き来する者」(ストルガツキーの小説:「ストーカー」)を指した時代。

タルコフスキーが独特なカメラワークで描き出した「映像」を意味した時代。(タルコフスキーの映画:「ストーカー」)

そうなんです。その時代には、「世界の中心で愛を叫んでいた」のは、“けもの”だったんです。

それも、“エヴァンゲリオン”の「庵野秀明」さん、じゃなくて、「ハーラン・エリスン」さんの。

お写真は、その、エリスンさんが1967年に発表したアンソロジー「Dangerous Vision」の邦訳、「危険なヴィジョン」ですね~

エリスンさんの各作品にあてた解説が、まさに“エリスン節”で傑作です~(「不敵かつ、傲慢。残虐でありながら涙もろい…みたいな感じですかねえ…)

また、「解説の面白さ」で有名な「アイザック・アシモフ」さんも寄稿していて、エリスンさんへの“あふれる想い”を「吐き出し」ていて、笑えます…

┐(´-`)┌

しかし、このアンソロジー、版権の関係からか、「①」しか出版されず、そのまま「闇」の中へ…

実に残念なことでありますぅ…(;д;)

Img_1205 さて、お次は、「キルゴア・トラウト」さんの、「貝殻の上のヴィーナス」であります。

これのどこが、珍しいかってえと、キルゴアさんは、しばらく前に亡くなった「カート・ヴォネガット」さんの“小説”の中に出てくる「登場人物」なんですね。

ヴォネガットさんの「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」とか、「スローターハウス5」等の代表的作品に出てきて、その作品中で、彼の書いたといわれる代表作が「貝殻の上のヴィーナス」なんです…(ややこしいですね…スミマセン…)

そんでもって、これが大受け。アメリカで売れに売れたんですが、作品への批評・批判がヴォネガットへ殺到。でも当のヴォネガットは、“作家名:キルゴア・トラウト”の使用を許可しただけだったもんだから大激怒する…、といういわくつきの“作品”なんですね。

(^-^;

書いたのは、じつは、「フィリップ・ホセ・ファーマー」さん。

でも、ここにも、エリスンさんの影が…(笑)

人騒がせなヒトなんですね、ほんと。でも、私、大好きなんですね。実に“魅力的”なんです~

(*´ェ`*)

早川文庫も手に入りにくいもの、結構イッパイあって、探してるのを“捕獲”したときはやっぱ“燃え”ます!

http://blog.with2.net/link.php?720354←人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

http://www.blogmura.com/←「ブログランキング ブログ村」行きです~!m(_ _)m

★:本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★:ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

« 「クリスマス盤」て「レコード」、ございますね~、そこんとこの話しです~ | トップページ | 「社歌レコード」の“輝ける世界”(1)~「未来」って“明るい”なあ! »

「絶版文庫を求めて…」シリーズですよっ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524477/43498369

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶版文庫を求めて…」(3)~ハヤカワ海外SF文庫編ですね…:

« 「クリスマス盤」て「レコード」、ございますね~、そこんとこの話しです~ | トップページ | 「社歌レコード」の“輝ける世界”(1)~「未来」って“明るい”なあ! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツリスト

  • 人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村40代男性日記
  • fc2ブログランキング

最近のトラックバック