フォト
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

「世界の文字」の世界…~“古書の世界の困った面々”(7)

そういえば、朝日新聞とってるヒトは読んだかな。

今日の「天声人語」。

「世界の言語」の話だったんです。

それによると、

「世界には6千前後の言語」があり、「うち2500語が消滅の危機」にあり、中でも「199語」は「話し手が10人以下」なんだそう。

去年、“消滅”した「イヤック語」の最後の話者は、話し相手が誰もいなくて、「ひとりぼっちは怖い」と言っていたとのこと。

このどうしようもない“孤独感”。

そして、これは、特殊な事例ではなくて、

「219もの言語が、20世紀半ば以降に消えている」という。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

Img_1844 はい。お写真は、

「世界の文字」(1975年・松香堂)ですね。

この本は、「言語」を構成する「文字」に着目、世界中の文字を“収集”した本なんです。

そんで、面白いのは現在使われていない文字も資料として掲載されているんですね~

Img_1846 というわけで、これは「フェストス円盤文字。」

これに似たような“文字”、保育園時代、いっぱい見たような気がするんですが…

(@Д@;

これは、「クレタ島で発見されたただ一個の円盤のみ。」ってことなんです。果たして、一体、何がつづられているのか興味あるところなんですが、

「前17世紀だが全く読めない」って。

あ。そう。

でも、……ほんと、文字なんか…これ。

( ̄Д ̄;;

Img_1847 お次は、「アイマラ文字」。

“南米のチチカカ湖周辺のアイマラ族の古文字”なんですが、

なんか、なだらかにうねっている文字列が絵画的な印象で、その民族の住み暮した情景をしのばせるような気がして、ステキであります。

(・∀・)イイ!

Img_1845 最後に、「モソ文字」。

(写真をクリックすると、大きくなります…)

まず、どこから見ていけばいいのか、それすらわからないんですが…。

とりあえず、「左上」からみてゆくと、

「帽子被った犬」似の“渋いヤツ”がやって来る。

“ここは通さないぜ!”と、迎え打つように立ちはだかる「三つ連なった小山」達。

その上を、“帝国の破壊兵器”「レンズから一本づつ“毛”を生やした眼鏡・1号」が、

まさにレンズから一本づつ“毛”を生やしながら、せまってきた!

しかし、そのとき、「犬似のヤツ」の盟友、「空飛ぶ円盤(「ひとふで書き」型)」が、“反乱軍の切り札”「牛の生首(見切品:だって、気味わるいし…)」を送りこむ……っと。

( ̄◆ ̄;)

なにか悪い薬でも使ってるんじゃないかってかんじなんで、止めます…。

※「俺流翻訳(ゼスチャー・ゲーム方式=例:縦の“しきり”は、“置いといて”と訳す等)・全文希望」の方は、メールにてご連絡ください…)

そして解説には、

「雲南のモソ族の象形文字。原始的だが現代も使われている。」

って記述。

おお。

この文字に翻訳された「ハリー・ポッター・シリーズ」、

是非、見てみたい!

(読むなんて、そんな恐れ多いこと、あんた…)

(^-^;

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月22日 (日)

「レスキュー道具」はすごい…

「レスキュー道具」はすごい…
「レスキュー道具」はすごい…
自転車で街中をゆく。
いいもんです。

そんで消防署の前を通りかかると、

署員の方々が一台の車の前に集まっていらっしゃいます。

「ドア開かないときは、屋根切って救出…」

なんていいながら、

クワガタ虫の王様(?)みたいなので屋根をカット…
おお。
初めて見たよ、このレスキュー道具。

これがあれば、簡単に愛車を「オープンカー」に、変身!

これからの季節にぴったりの「お品物」ですね。
(^_^)

ところで何気なく車種をみると、
「日産・March」…

あ。
「日産」

「マーチ(3月)」

「解体」
(ーー;)
おい…。
日産、だいじょうぶか…
(T_T)

(いや、お前がだいじょうぶか…)

(このオチ、前にも書いた気がする…)

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月21日 (土)

「貼り紙」が来た…

「貼り紙」が来た…
いやあ、ご無沙汰しております…

身辺がザワザワで、ゆっくりPCの前にいることができず…
(-_-)

その合間を縫っての「ゲリラ更新」であります。

お写真は、家の前の電柱にはられていた「ハリガミ」。

いま、世間に満ちていると言われている「不公正感」を象徴する「お品物」でありますね。

しかし。

「商売」(多分「依頼者に対する恐喝」含む)するにしても、こんな「宣伝方法」、どうでしょうか。

効果、あんのかなあ。

あと、これ。

うちの前の電柱だけなんです、貼ってあんの。

もしかして、私を、ピンポイント攻撃?

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月14日 (土)

「初恋」ってこわい…~“古書の世界の困った面々(6)”

Img_1446 (今回も、素敵なお写真が満載ですね…)

(あ。これ、「初恋地獄編」のサントラでありますね…)

さて。

少しづつ、春の気配が感じられる、今日この頃。

梅の花もほころんで、陽光の下、その“純白の肌”を惜しげもなくさらしております。

そして、いよいよ。

今日は。

バレンタインデーですね。

以前、私、「レコード」の記事の中でこう、書きました…

Img_1449 『…レコードじゃなくても、たしかに、ヒトを好きになったりすると、その人にまつわる「あらゆるコト」が気になってくる…。

私は以前、中学生だったころ、好きな女の子と川原で“お話し”したことがあります。

夕暮れ時、その子と、“売買”もとい“バイバイ”したあと、すぐさま川原にとってかえすと、その子が座っていた「大きな丸石」(一抱えもありましたっけ…)を自転車に積み、部屋に持ち帰って“幸せの石”とよんで大切にしておりました…

誰にでもある、“素敵な青春の思い出”ですね。

(ねーよ!って声が聞こえる…。いや、風の音だろう…)』

……かえすがえすも、素敵としかいいようのない思い出でありますね。(うっとり…)

しかし、そんな「恋」のオモイデも、決して単なる過去の“出来事”ではなく、

現在、そして未来の運命を左右する“重大事”なのである!

としたら、どうでしょうか…

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

Img_1637 はい。

お写真は、「妖異風俗」(1959年:雄山閣出版)です。

この本、「講座・日本風俗史」の別巻でありまして、

様々な宗教・民間信仰から、超常現象を含む俗信、伝承まで幅広く取り扱っていて、なかなか興味深いんです。

そのなかに、

「もろもろの不幸は、ことごとくこの初恋のたたりである。だから初恋の生霊、死霊を払い浄めてつき進めば、未来は祝福され、幸運が招来される」

と説く宗教が載ってるんですね。

その“たたり”の流れ(?)としては、

「Aさんが、Bさんを好きになった場合、

Aさんがスゴイ<心波>を発生させまして、それがBさんを直撃。

(そんな自分の<愛>に翻弄されているAさんの状態を<恋慕>、

押し寄せる<愛>を受けているBさんの状態を<思い>と呼ぶそうです…)

んで、なんやかやとありまして、結局一緒になれず、

Bさんが他の誰かと結婚してしまった…

さあ、ここからが“たたり”のはじまりです。

そのBさんの“結婚”を起点として、「1」、「3」、「5」…と“奇数年”ごとに<災い>が訪れるらしいんであります。

んで、その“恋”が“相思相愛”だった場合、<恋慕>と<思い>が二重ってことで<災い>もアップ…

(また、「美人」の場合は<恋慕>受けやすいんで、自然と<薄命>になる…と、「諺」の背景までも教えてくれております…)

そんで、<御祓い>の方法は…、

………<省略>………、

って、ことなんですね…

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

なんていってたら思いだしたんですが。

Img_1447 この「初恋地獄編」のサントラ。

その、川原でお話ししてた子に貸したんだ…

しかも。

「バレンタインデー」の日に。

玄関口で、チョコもらった時、

あ、ちょっと待ってて、とか言って。

…おれ、なにかんがえてたんだろう…

フツー、「フュージョン」とか「ポップス」だろ。

うまくいくはずないだろ、それ。

(u_u。)

(PS:ちなみに上記「宗教団体」は今も活動しておりますね。

「初恋宗教」で検索してみると…)

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月 9日 (月)

「佐井好子」さんがいる「道具屋」…

くもり空の下、山道を昇る。

枯れ枝が、ぱきっ、と音をたてて弾けるように折れる。

腐葉土を踏みしめながら身を引き起こし、瞬時に次に足を下ろす先を決めてゆく。

これ重要。

間違って粘土の露わなところだったりすると、足を滑らせてしまうかもしれません。

そんで、これなかなかムツカシイ。

昇るリズムは狂わせたくないんです。

そんな時に唱えるのは、“ユーロビート”の

「べードラ・四つ打ち(ドン・ドン・ドン・ドン…)」風でなく、

“ジャズ”の

ウオーキング・ベース(トゥー・ドゥー・クゥイッ・ター)」風(?)が、

おススメです。

こっちの方が瞬時に地面の“変化”に対応できるんですね。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

んで、なにしてるかというと、山登ってるんです。

道具屋さんに行こうと思って。

といって、“むかしばなし”の世界じゃないんで、普通の車道は通ってるんですよ。

でも、車出すほど遠くないし、この山越えたらすぐだから。

それは、

Img_1461 一風変わった道具屋。

店の脇に竹やら莚でこしらえた“不思議な建造ブツ”があって、「神棚」風のこしらえが造りつけられてたり。

店の“おやじさん”にそれとなく訊ねると、

「はは。買取してくるでしょ、その荷物置いとくの。盗られないんだよ…」なんか言っているけど。

倉庫じゃないよ。どう見ても。

(あ。写真は許可取ってますから、ご心配なく…)

一体、何なんだろうか…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

ここの“おやじさん”、レコードの“新着品”は「棚の上」に置いといてくれるので、ほんと、助かるんです。

山登ったあと、レコード棚全部さらうのって、案外「重労働」。

Img_1524 そんで見つけたのは「佐井好子」さんの

「二十才になれば/紅い花」(1975年)。

ジャッケットの白猫、左右の目の色違っておりまして、佐井さんの雰囲気にピッタリで、秀逸です~

「佐井好子」さんは、1970年代に、四枚のアルバムを発表した方なんですが、

Img_1525 モチーフとして、「夢野久作」さんに通ずる“夢幻”・“グロテスク”なイメージや、“エキゾチズム”を感じさせる楽曲によって、一種“カルト”的な人気がありますね。

(2008年には新譜を発表したり、にわかに周辺でも盛り上がっている様子でありますです…)

こりゃ、ついてる!ってかんじで、

「いいの入ってますね~」と“おやじさん”に言うと、

「はは。良かったね…」と笑いながら骨董の壷を静かに磨いている。

( ^ω^ )

Img_1526 次に見つけたのは、「古井戸」の「ちどり足」。

(右側のヒトは後の「RC」の「仲井戸麗一」さんですね…)

私も“足フラフラ”なんで、タイムリーだったですね~

Img_1527 それで、ジャケット見てて気付いたんだけど…、

端っこに“気になるお品物”が写っていて…。

このレコードが作られたのが、1972年。

情景は、「山小屋風」。

なんか気にかかるものがあったんで、“おやじさん”に

「あの…、“浅間山荘事件”っていつでしたっけ?」

と問うと、こちらに顔を向けもせず、瞬時に

「1972年」

と答えが返ってきました。

なんの淀みもなく。

まるで、今、そのことを考えていた、といわんばかりに。

私が、「ああ、そうだったっけ…」とつぶやいて会計を済ませ、

じゃあ、と会釈をして店を出ようとすると、

後ろから、「…あの事件が、どうかしたの?」と“おやじさん”の声が聞こえました。

いいえ、なんとなく、思いだしたんで…、なんか言って店を出たんだけど、しばらく後ろを振り向けませんでした。

振り向くと、こちらをジッと伺う“おやじさん”と、目が合いそうな気がしたから。

そうして、一度も後ろを見ずに家に戻ったんですが…、

………一体、何なんだろう?

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月 8日 (日)

未DVD化「AIR JAM 2000」と「薪」があった…

Img_1547_2 ちょっと失礼して、寝てます。

てえのも、今日は結構、疲れました。

まず、朝、川原に住む“ネコ”を見に行ったんです。

「一戸建て」に住んでるんですようなんすけど、まだ姿を見たことがないいんですね…。

Img_1670 あ。これですね。

近所のヒトが作ってくれたんでしょうね~

( ^ω^ )

そこにはちゃんと“看板”まで用意してあって、

Img_1671 住んでるのが「トラ」なんだなってことがわかりますね~

(゚▽゚*)

そのあとは、ブラブラと町に向かったんですが…

以前から気付いてたんですが、通りに面したところに「薪」(マキ)が積み上げてある店があるんです。

しかも、一応「商品」だと思われるんですが、夜もそのままだったりして。

(^-^;

まあ、盗るヒトがいないってコトなんだろうけど、火つけられたりしないのか?と人事ながら心配だったりして。

Img_1668 とりあえず、お店で一束お幾らか訊ねてみると、

「あー、一巻き735円、税込みで」ってことでした。

この様子だったら、「集金ポスト」とかおいて「完全セルフ・サーヴィス」でもいーんじゃないかなあ、って感じですが。

(そんなに甘くないよね…)

そのあと、Img_0576 古本屋さんに行ってみると…、

「Pizza of Death」の未DVD化ビデオ、

「AIR JAM 2000」を発見。

これ、“千葉マリン・スタディアム”でのライヴを収めてあるんですね。

「原爆オナニーズ」とかも出てて、なかなか“激しい”内容で欲しいヒトも結構、いらっしゃるようであります。

(・∀・)

そんで家に帰ってきて、「演劇ワークショップ」行って。

戻ってきたら、

Img_1557 こうなっちゃたんですね~

まあ、

疲れてなくても、

大して変わらないんですが、ホントは。

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月 6日 (金)

昔の「宝島」は良かった…雑誌は見ていた・時代を映す鏡(6)

Img_1575 友達の家に遊びに行ってきました。

中野の駅をでてしばらく歩いたところにある住宅街。

そのすこし奥まった一角に、友達の住む「アパート」があります。

実際、古くからあるんだろうなって「アパート」で、外見もスレート屋根にトタン葺き、

外付けの錆止めを塗った階段を昇っていくと、気をつけていても「トントン」と音が響くんで、自然忍び足になる。

二階入り口脇の友達の部屋のドアを叩くときには、

建物にいる全員に、だれのところに客が来たかが一目瞭然。

そんなところなんです。

部屋に入って、音楽の話なんかしてたんですが(一応、そいつは「ミュージシャン(自称)」ってことで…)、

「ちょっと、風呂行ってくるわ」とか言い残し、

大切な客がいるってのに、銭湯に行ってしまったんですね。

(;-ω-)ノ

んで、暇つぶしに読んでたのが(ようやく、たどり着いた…)、

冒頭のお写真の雑誌なんです~。(マエフリ、長すぎですね…)

「別冊宝島ロックファイルVol.5 (1989年)」。

Img_1579 その当時の「全国で活動中のロックバンド660を収録!!」ってことなんですが、

当時の「宝島」さんは、「インディーズ・バンド」にも目配りが利いていて、今見ても、資料的に使えそうな内容なんですね。

1989年というと、レコードからCDへのシフトが行われた時期で、その当時のロックの人脈図などがここから読み取れたり、

その後、ブレイクしたアーティストの無名時代の作品などを知る資料としてもお手軽。

当時、ソノシートとカセットしか発表していなかった「スピッツ」さんも載っていて、

「他と差別化し個性を出していくかがこれからの課題だろう」なんて書かれていたりして。

( ^ω^ )

Img_1633 また、個人的に懐かしい“アーティスト”も満載でありまして。

(写真は「じゃがたら」さんですね…)

思わず端から端までじっくりと目を通してしまいました…

(=´Д`=)ゞ

Img_1632 現在は作家としてご活躍していらっしゃる、

「町田町蔵」(町田康)さんなど、この時期、あまり活発な音楽活動はしてらっしゃらないけれども、外せない存在でありますね…

その後、風呂から帰ってきた友達が、読みふけっている私を見て、

「そんな気に入ったんなら、持ってっていいよ」

と言ってくれておりました…

そんで今もこの雑誌を傍らに置いて、この記事を書いているというわけなんですね。

(o^-^o)

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月 4日 (水)

こりゃびっくりの「拾得物」…

Img_1500 (今回、写真は「イメージ」です。「本文内容」とは関係ありません。)

(「それ」は「それ」、「これ」は「これ」ということで、お願いいたします。)

さて。

新聞みてたら、

「一万円札片2600枚 価値は十数万円?」

て記事。

「産廃処理場」で見つかった紙幣が、三ヶ月の期間が過ぎたんで、拾い主の「処理場」に返還されたとのこと。

なんでも完全な状態の札じゃなくて裁断されているらしく、そうなると「額面の半額」とか、それ以下の価値になっちゃうんですね~

それで、全部あわせても「十数万円」にしかならないんじゃないかってことらしいんです。

でも。

びっくりしたでしょうね~、見つけたとき。

(o^-^o)

一瞬の間に、「色んなコト」が頭をよぎってくだろーなあ

(私の場合なら、「いいコト」から、「わるいコト」まで…)

(^-^;

Img_1445 (あ。「クラウス・ノミ」さんですね…)

(スミマセン、関係ないですね…)

(すぐ、「本文」に戻りますです…)

それで思い出したコトがあるんです…

もう、随分前の話なんですが…

(富士山近くの学校に行っていた学生時代のコトですね…)

早朝に道を歩いてたら、

なにか「細長いモノ」が落ちてたんですね。

薄明かりみたいな感じだったんですが、近づくうちに、それがなにかすぐわかりました。

「散弾銃」の「薬きょう」。

昔、地元で、たまに「空の薬きょう」が道に落ちていたもんで、子どもの時分よくおもちゃにしてたんです。

そんで。

こっちは、友達んちで朝までお酒を飲んで話し込んだ帰り道。

何の気なしに蹴飛ばしたんですが、

なんか「重い感触」だったんです。

クルクルッて回りながら、道の端のブロックに、こつん、ってぶつかったソレをつまみあげると…

「実包」であります!

鉛が砕けて散るように、「菊の紋」状の刻みの入った、

「散弾銃」の未使用の「銃弾」…

( Д) ゚ ゚

あまりのことにびっくりして、すぐ警察に行こうと思ったんですが…

(lll゚Д゚)

「お酒」飲んだあとなんで、どうしても「アイス」なんか食べたくなり…

といって、「銃弾」いれとく鞄とか持ってなかったんで、

ジーンズのお尻ポケットに「弾」いれて、

コンビニに入店。

購入した「ジャイアント・コーン」なんか齧りながら、「交番」に行ったんですね…

r(^ω^*)))

「拾得物保存期間」って、正確には「三ヶ月と14日間」なんですが、勿論、それを待たず交番で「権利放棄書」にサインいたしました。

しかし。

「実包」、尻に入れて歩くなんて、

「今の私」なら、「そんときの私」に説教するところであります!

(≧ヘ≦)

君、そこに座りなさい!

(#゚Д゚)y-~~

あ。お尻の「弾」は出しといてね…

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

「三島由紀夫」と「プライバシー」の関係?~時代を映す鏡・雑誌編(5)

なんにでも、「訳」がある。

ヒトの行動には、「理由」があるし、

モノには「由来」がある。

Img_1661 たとえば今日、「お地蔵さん」の横を通りかかったんです。

(関係ないけど、「節分」でしたね~。近所の「神社」でも「芸能人」がいらっしゃっての「豆まき」、盛大な様子でありました…)

「地蔵」にも当然、ここにあるからには「由来・来歴」があるわけで、

Img_1662 その傍らにそっと寄り添う「だるまさん」(「両目入り」ですね…)にも、ここに置かれるにいたる「物語」があるってことですね…

だけど大概の場合、置いたヒトの「物語」は、時間が経つうちに忘れられて、後にはただ、「モノ」が残るばかりになってって…

「本」の世界でも、たくさんの作品が時代を越えて残ってゆくわけですが、その作品を産み落とした時代の“空気”や、作家自身の“姿”は、薄れていくわけですね…

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

Img_1306 お写真は、「別冊新評・裸の文壇史」(1973年5月・発行)です。

これは、週刊誌に載った文壇がらみの“スキャンダル記事”を、再録・編集したもので、

これ見てると、かつての「文芸作品」や「作家」ってのは、大きく「芸能」ってくくりに入ってたのかなって印象でありますね~

Img_1308 「日本文壇“盗作”全記録」…、

なんとステキな特集でしょうか…

( ̄◆ ̄;)

文中、○藪○彦さんなど、それこそ“火だるま”(「両目入り」か?)でありますですね…

Img_1307 また“都知事”の方も当然、“ご出席”なさっていて、

同じ並びの「野坂昭如」さんが記事中で、

「いま、いちばん不愉快なのは○原慎○郎とその一派だな。ああいう生き方、生理的にきらいなんだ。」

と吐き捨てていらっしゃるのが、印象的です~

(;・∀・)

そんで、「三島由紀夫」さんと「プライバシー」。

昭和36年(1961年)に、

「小説『宴のあと』は、明らかに私をモデルとしたもの」

と有田八郎氏(元・外相)が告訴した事件。

その際、「プライバシーの侵害」という理由が日本で初めて公に用いられて、「いちはやく流行語になってしまった」とのことで、

今じゃ、ないのが考えられないようなこの言葉にも、

「来歴」があるわけなんですね…

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

ところで、この「別冊新評」という雑誌。

いろいろな作家・写真家・漫画家などの特集を組んでいて、

特集によってはいい感じのモノもあるようです。

(2009年1月13日:「荒木経惟の世界」 5350円 入札3)

φ(・ω・ )メモメモ

てことで。

雑誌って、その時代の“雰囲気”と“物語”を詰めこんだ真空パックってところが…、

やっぱいい感じであります…

´ω`)ノ

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月 3日 (火)

「フォークリフト」、1万5千円かあ…~けっして“オークション”に現れない“お品物達”(3)

またまた自転車であります。

これに乗って、そこらを飛ばしてまいりました。

Img_1630 坂道を下ってきて、たまたま信号で停まったんで横に目をやると、「1万5千円」です。

これは、

「『1万5千円』がこの高さだとすると、フォークリフトの値段はバーを目一杯上げたコレくらい」ということを視覚的に表したわけではなく、

「このフォークリフトは1万5千円」と素直に解釈すべきでしょう。

しかし。

「高いのか、安いのか」以前に、「コレ、いらない…」ということで、写真に収めたあとで、信号が変わると同時に、発進であります…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

…しかし、このごろ思うんですが。

これまで「人間」が「乗り物」をソウジュウしたり、ウンテンするものだと信じてやってきたのですが。

どうも、それだけではないのではないか…、と感じ始めました。

この自転車に乗ってると、なんか、どこまででも走って行けそうな気がして。

そういえば昔、富士山の近くの学校に行っていたとき、北海道出身の先パイが、バンド練習の後、「ちょっと、タバコ買ってくるわ」なんか言って自転車に乗っていったまま、一ヶ月くらい行方不明になったことを思いだしました…

一月後出会ったときに、

「坂下ってるうちに、自転車が“あとちょっと、このまま行こうよ…”って言った気がして」、結局、北海道の実家まで行ってしまったとのことでした…

近頃、なんかその気持ちがわかる気が。

おそろしいことです…

この件につきましては、自分自身を「モルモット」にして、ことの真偽を確かめる所存であります…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Img_1640 さらに突き進むと、

「コンクリート工場」であります。

私、コンクリート工場って、大好きなんですね。

動くベルトコンベアー。斜めに空を区切るパイプ。急な傾斜のジャリ山。

Img_1639 お。

「砂利」の「小売」かあ…。

外で水まいてる奥さんに声を掛けると、

「“8分砂利”ね。自分で運んでくれんの?だったら一立米、じゃなかった1トンで1950円ね。あ。3分(8分より“細かい”)は2600円。そこらの建具屋さんだとその倍くらいするよ」とのことでありました…

なんにでも、“値段”があるのだ。川から浚った“砂利”にでも。

ちいさくうなづきながら橋を渡ろうとして、ふと、目を橋下に向けると。

Img_1509 …さっきの「コンクリート工場」の「砂利」って、ここのか?

文字どうり、「陸の孤島」…

あの、さびしそうな木…

酷なことするぜ…、「資本主義」ってヤツはよお…

(ノд・。)

…でも。ちょっと「島」に座ってみたかったりして。

(*^m^)

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月 1日 (日)

「高価買取リスト」って、いい…

「高価買取リスト」って、いい…
「高価買取リスト」って、いい…
暇がある。

そんなとき、よく中古CD屋さんに立ち寄ることがあります。

ていっても、面白いモノがあるか見に行くだけじゃなくて…、

「高価買い取り」リストをもらいに行くんです。
(^O^)

近頃は、ネットでも、
「高価買い取りリスト」を公開してるお店も多数あって便利ですね〜

でも、趣味&実益を兼ねてお店に直接行くのが楽しかったりしまして。
(^。^)

んでお写真は、「○ィスク・○ニオン」さんの、

豪華カラー版「廃盤・レア盤 CD選書」。

これ、前に、無料でもらったんですが、見応えあるんですよ〜

通常の「買い取りリスト」も充実していて、あまり知らない分野のモノなんか、参考になりますです…

ほんと、ありがたい〜
m(__)m

あと、ネット系のお店の

「ウォンツ・リスト」。
(アマゾンの「予約注文」みたいなモノですね…)

「ほー。こーゆーのがいーわけね…」
(゜o゜)

なんて眺めながら、お茶啜ったり。

ヒトが「なに欲しがってるのか」を知るのって、面白いんですよね。

でも。

そうやって「ヒトの欲しいモノ」ばかり気を付けていると、

「そういえばそういえばそういえば…。
オレは…。
…なんか欲しかったっけ…?」

なんて「自分のこと」忘れたりして…
(^_^;)

ちゃんと「自分用・高価買い取りリスト」
作ろうっと…

忘れないように。

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツリスト

  • 人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村40代男性日記
  • fc2ブログランキング

最近のトラックバック