フォト
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

『保育用品』。え。こんなにすんだ、これ…。パート1

夜。

虫の声が聞こえる。

ほっといたしますね。

日中はまだまだ暑いんですが、確実に“秋”が近づいていると感じると。

なんか、心にも余裕が生れてきたりいたします。

そうすっと。

ふっと、部屋をみまわす気持ちになり。

散らばった紙くずやらダンボールやらなんやらに、こりゃいかん、という反省の心が芽生え。

重い腰をあげて片付け始めるのですが。

決まって、なにか“掘り出して”見入ったり、読みふけったりしてしまうわけであります。

つまり。

これこそまさに、「読書の秋」でありますね。(u_u。)

そんで。

今日、見つけたのが。

Dscn1904

「チャイルド・ブック~保育用品カタログ」(非売品)なんですね。

(ちょっと古いけど…)

「幼稚園」や「保育園」の備品。

見かけても、あんまし、「これいくらだろう…」なんて“疑問”に思わないんですが、こうやって並べられると、「やっぱり“商品”なんだなあ」って印象であります。

たとえば。

Dscn1919

「ステンレス製・ジャングルジム」。

「105万円」。

うーん。高い…ような…、でもまあ、そんなもんかな…。(*^-^)

他には。

Dscn1915

「森の掲示板」。

こういうの、よくありますよね~(o^-^o)

ちょっと、「メルヘンチック」なやつ。(死語?死語?)

で、お値段は…。

Dscn1916

お。

「S」で「36万円(税別)」か…。「L」で「50万」…

う~ん。まあ、こんなもんなの…かな…(^-^;

あとは。

Dscn1917

なになに…、「森の掲示板用・人形」…

なるほど。掲示板に“座らせ”たり、乗せたりする飾りの人形ね…

Dscn1918

いやいや。これ高いでしょ。

だって、この冴えない「ふくろう」、「5万2千円」って。(゚д゚;)

「10羽」買ったら「掲示板」より高いんだよ?

それに。

「小鳥」。

一羽づつ「別売」かよ。

子ども手当て」って、あれ「一羽分」なのね…(ρ_;)

Dscn1912

おー、「万国旗」かあ。

「6500円」。それくらいはするだろうねえ。( ´・ω・`)

しかし。

今は亡き「ソヴィエト社会主義連邦の旗が混じってるような気がするが…

(2001年でも、既にないよな…(;д;))

Dscn1913

「デカパンレース用デカパン」。

2枚セットで「9千円」。

(『王者舘』じゃないけど…)これは「ガラパゴス※」な商品だねえ。

※(ガラパゴス化=他の大陸や島々から隔たっているため、ガラパゴス諸島の生物は、世界の生物相から離れた独自の進化を遂げた。同様に独自のニーズのもと、世界標準からかけ離れてゆく現象。)

年間の生産枚数を聞いてみたい一品です…

Dscn1911

「ポンポンメイク」。

あの、「チア・ガール系のヒトが振ったり、放ったりしてるヤツ」ね。

「5万4千6百円」。

「54600円」。

「ごまんよんせんろっぴゃ…」…。

う~ん。

これも…。

なんてーか。

年間出荷台数を是非、聞いてみたいねえ…………

( ̄ロ ̄lll)

2010年8月27日 (金)

GEO(ゲオ)の『レンタル料金』って…

「ゲオ」の料金って…
隣町のGEO(ゲオ)に来たんです。

DVD借りようと思って。

近くの「ゲオ」には、「仮面の忍者 赤影〜卍(まんじ)党篇」が無くて、仕方なく。

そんで2本(「卍党篇」、2枚組なんすね…)ともあったんでレジに持ってくと、
「2本で、200円です」というお言葉。

家の近くのゲオは1本、140円なんです。

聞き間違えかと思ったら、「うちは旧作品は、1本100円なんです」という答え。
そっかぁ。
全店舗均一の料金体系じゃないのね〜

若い店員さんが、「静岡の方じゃ1本、80円の店もあるみたいっすよ」と教えてくれました。

なんか、勝手に「均一」と思い込んでたけど、考えてみたら、競争がなけりゃ、「1本、1000円」とかでもいいわけだもんね。

(昔のビデオ屋は、そんなでした、そーいや…)

しかし。
うちの町のゲオ。

「150円」でもなく、

「200円」でもない…

「140円」の「40円」って、なに代…?

ちょっと気になるぅ〜( ´・ω・`)

2010年8月25日 (水)

『トイレのオートさん』の怪談を聞いた…

「トイレのオートさん」の怪談…
いやあ。
びっくりした。

いえ、トイレの話なんです。
今日、定期検診で歯医者に行ったんですね。

まだ午前中なのに、既に日差しも強くて汗ばんじゃったんで、手を洗おうかなとトイレに入ると…

「…カタン、キィーッ…」
なんつて。フタが開くんですよ!奥さん!
(誰だ。奥さんて…)

ワタシが単に知らなかっただけなんだろーけど、
「オート開閉」機能っていうそうで。

担当の歯科衛生士さん(ショートカット・20代半ば)に、

「トイレ、新しくなったんすね」と声をかけると、

「そーなんですぅ、こないだ替えたんですよぉ。
オート・ライト、オート・開閉、オート・洗浄。
はい、お口ゆすいでくださいね~」というお答え。

まあ、便利っていや、便利すね、と奥歯にモノの挟まったような物言い(うまいね、どうも…)をしつつ、洗浄剤入りの水を口に含んでいると、

でも。

と少し口ごもったような言葉。

「こないだ夜中に、家の鍵忘れて。

院長先生に開けてもらって取りに戻ったときなんですけど…。

誰もいないはずなのに、トイレからだけ、明かりが漏れてて。

カタン、キィーッ、って開く音。

続いて、ジャーァーァーッ…と水音が聞こえたときは。

ゾッとしましたよぉ…。

(T_T)

とおっしゃってました…

この猛暑に。
ヒトの体温を瞬時に下げるとは…

「TOTO」さん、機能付けすぎ。
f^_^;

2010年8月23日 (月)

『少年王者舘』を観てきた…(まじ、単なるつぶやきだな…)

Dscn1869

「22日(日)、快晴。

猛暑の中。

下北沢・スズナリ。

マチネ。

少年王者舘の「ガラパゴス」を観てきた。

大入りの満員。

整理券番号8番にて入場。

桟敷最前列通路に二枚重ねの座布団を敷いて、やや下手側。

目の前にフットライト。

通ろうとするお客がライトに当たると、

お客をさばいていた劇場関係者が、思わず、

“あっ”と声をあげ、顔をしかめる。

劇場内アナウンスが響くとそれを断ち切るように開演。

アナウンス”と、“芝居”が裁断されて混ぜ合わされる

リミックス”。

そして………………。」

いやあ。

ワタシ、『少年王者舘』は、初めて観たんです。

パワーがありました。

(知り合いは、「いつもの感じとは違う」と言っておりましたが。)

やはり、圧倒的なパワーには、惹きつけられます。

名古屋の劇団で、34回目の本公演。

新作発表は年に一回らしいんで、来年も行こうっと。

(あと、個人的にすごいびっくりの出来事があった…。いやあ、びっくり。)

(すんません。本当に『日記』だった、今回…)

2010年8月21日 (土)

『猫毛』を集めてるんです…

この夏。

まさに「酷暑」であります。

外に出て息を吸い込むと、自分の吐く息よりも熱い空気が流れ込む。

焼け付く日差しに晒された「体の外側」だけじゃなく。

「体の内側」からも、ひと呼吸ごとに熱が染み込んでくるようであります。

しかし。

不思議なのは。

そんな環境下でも、うちの猫は「毛を生やし続けている」という事実でありますね…

この暑いのに。

でもまあ同時に、「生えているものはいつか抜ける」というのも、真実。

そんで、まあ抜け毛を集めてるわけなんです。

説明になってない気がする…)

Dscn1863

そしたら、たまたま「猫毛フェルト」というのがあるらしいという話が耳に入ってきて、俄然やる気がでて参りました。ヽ(´▽`)/

集まった猫毛で、「猫毛財布を作ろうか」とか、「猫毛コースター」なんかもいいかなとか、いやいや頑張って「猫毛ちゃんちゃんこ」まで…、などと夢(妄想?)が広がるわけですね。

でもうちの飼い猫は、集められた猫毛を取り返したい(?)のか、再三、「猫毛収納箱」をアタック!!

Dscn1867

つまり。

彼女にとっては、自分の「抜け毛」が、

「ちょっと気になる“お品物”」なんです。(笑)

(「この箱から、アタシの臭いがする!」とか思ってんのかな……?)

2010年8月20日 (金)

坂本龍馬っていえば、『Ronin』のCD、見つけた…

Dscn1846

ええっと、今日、ハード・オフに行ったんです。

んで、100円均一の「ジャンクCD棚」見てたら、懐かしいのがあって。

お写真の「Ronin」のCDなんです。

こちらの「坂本龍馬」さんは、「福山雅治」さんじゃなくて、「武田鉄也」さんなんですが…

(「武田鉄也」さんは、同じ「坂本」でも、やっぱ、「金八」さんかなあ…)

(でも、そーいえば「坂本金八」の「坂本」も、龍馬が由来だったっけ。)

こちらは、現在のような「大ブーム」からは、程遠い印象だったですが、CDの参加アーティストに関しては、堂々たるものでありますね。w(゚o゚)w

Dscn1854

なにしろ、「オフコース」さん、「加藤和彦」さん、「高中正義」さん、「マーク・ゴールデンバーグ」さん、「吉田拓郎」さんですから。

その他、キャストについては。

Dscn1857

なかなか、しぶいです…

Dscn1858

「高杉晋作」さん=「吉田拓郎」さんとか、

「山谷初男」さんなんて。(;д;)

あと、「川谷拓三」さん、懐かしー!!

Dscn1860

「勝海舟」さん、「石坂浩二」さんかあ、ふむふむ…

なんて、音楽聴きながら、楽しんでたんですが。

何気なく、検索してみると。

楽天オクでも「11700円」とかで落札されてるじゃないの…(@Д@;

ヤフオクでは、「4000~6000円」とかで…

アマゾンでは、「VHS」もプレミアで…( ̄Д ̄;;

いやあ、「坂本龍馬」さん、どこでも人気あって結構でございますね~

(*^ー゚)b

2010年8月18日 (水)

『真夏の夜のジャズ』、なんで再発しないんだ…?

いやあ。

暑いですねえ。ほんと。

今、夜中の零時半くらいなんすけど、気温、下がりません。

クーラー、切れなくて電気代も下がらず…

下がるのはワタシの集中力だけで。

しかしまあ、良いこともありました。

「真夏の夜のジャズ」のソフトを買ったんです。(レーザーディスクですけど…)

Dscn1839

こりゃ、最高。

今の季節にぴったりであります!

Dscn1840

なにしろ、モンクです。(曲の間に挿入される「ヨット」の映像がまた、いい感じ!)

Dscn1845

アニタ・オデイ。

素敵。

しかし。

変換したらいきなり、「兄他・汚泥」って出てきて…。「汚泥」とは…涙…、ううっ…許せん…

「許せん」といえば、このソフト、1999年にDVD化されてから、国内では、

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

っと、「廃盤」状態が続いているような気がするんですが…( ̄Д ̄;;

そんなことはあってはなりません。多分、なにかが間違っているに違いありません。

だって。

Dscn1844

すごく、いいんですから~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

アマゾンだと、勿論、プレミア付きであります…

(それでも、以前より下がったけど…)

ねえ。

DVDで見たい。(高いのはイヤ…)

再発して。

…おねがい…(。>0<。)

2010年8月16日 (月)

『サボテン』の名前って、イロイロあるな…伊豆パート3

てわけで。

「伊豆シャボテン公園」に行ってきました。

いやあ、いろんなサボテンがあったワケですが、案外「和名」が妙なものが多くて、印象的でありました…

たとえば。

Dscn1794

暗黒玉(あんこくぎょく)」…(゚0゚)

Dscn1793

恐怖閣(きょうふかく)」か…(^-^;

Dscn1798

さらに、「混迷閣(こんめいかく)」…

さながら、『ホラーの世界』でありますね…(@Д@;

かと思うと、

Dscn1792

珍宝閣(ちんぽうかく)」って。

なんなんですか…

大体、「サボテン」って名前自体がなんか不思議で、

「(葉肉に)油やヨゴレを落とす作用がある」→「シャボン(石鹸)みたい…」

→「サボテン」(『シャボン』の転化した形)

って経緯があるらしいんですね。

ところで、サボテンの寿命なんですが、「金鯱(きんしゃち)」って種類だと、100年以上生きるみたいで、

Dscn1806

これが一年目で、

Dscn1807

50年目でやっと花をつける(!)んですと。Σ(・ω・ノ)ノ!

しかも、こんなのがありましたよ~

Dscn1809

「樹齢 160年(推定)」!

江戸時代ですね…

つまり、「坂本竜馬」とかと、「同時代人(植物)」なわけだ。(゚∀゚)

そう考えると、「おい、金鯱くん(ちゃん?)、元気で長生きしろよな!」

と、声を掛けたくなりますね~( ^ω^ )

ま。

言わなくても、オレよりは、長く生きそうだけど…(u_u。)

2010年8月15日 (日)

『レンタカー営業所』、ホッとした…・伊豆パート2

「営業所」、ホッとした…
そんで、実際借りる場所は駅の「BECK'S」の中に併設(!)されてて。

綺麗でした。(笑)
(「トレン太くん」、ごめんな、疑って…)

そんで行った先は、
まず、「伊豆グランパル公園」で、「パークゴルフ」でありました。
(「パークゴルフ」ってのは、「パターゴルフ」を「ゲートボール」の道具でやるみたいなスポーツなんですね…)

おもしろかったです。
まあ、暑かったですけどね〜

2010年8月14日 (土)

『レンタカー営業所』、う〜ん…・伊豆パート1

「レンタカー営業所」、う〜ん
「伊東」にいるんです。

まあ、温泉にでも入ろうかと。

駅前でレンタカーを借りるようにPCで予約して、JR伊東駅に降り立ちました。

「トレン太くん」の「駅レンタカー」。

駅舎に併設されてるってことで、便利かなと。

「伊東」に来たのも初めてなんですが、なかなか鄙びた雰囲気で…f^_^;

早速、クルマ貸してもらおうと駅の脇に行くと…

看板、割れてるな…(゚ー゚;

田舎の「農耕機具置場」を思い出したよ…

クルマ、トラクターじゃなきゃいいけど…(-.-;)

2010年8月13日 (金)

『これが君たちの未来だ』、とその本は言った…

Dscn1765

はい。そう言ってます。

ただし、この本、1970年(万博の年!)に出版されているんで、今から40年前ではありますが。

そこでは、いわゆる“高度経済成長期”の「バラ色の未来」を夢見てた、かつての日本の時代の空気を表してか、とても楽観的な“明るさ”に満ちておりますね。

(著者はD.S.Halacyというアメリカ人で、内容は“アメリカの未来の姿”なんですけどね…)

なにしろ、この本の「2001年」では、月に「ルナ市」という町ができてる(笑)。

おまけに、「ルナ市」で行われるかもしれない「オリンピックの心配までしております(苦笑)。

Dscn1768

「もしそうなると、重力の関係で記録が全部書き換えられることになるだろう。月の上でできた記録と地球上での記録とをそのまま比較するのは意味がないので、コンピュータは複雑な計算をさせられることになる」

って、分けようよ、記録を…。(笑)

いやあ、そのほかにも、凄まじい(?)“予想の嵐”が吹き荒れてるんですが、今、なんか突然すげえ睡魔に襲われてまして…(-.-)zZ

続きはまた、いつか…

(“”未来世界からの攻撃”かなんかか…?)

2010年8月12日 (木)

あっ、『オバマ大統領が“抹茶アイス”食べた店』を忘れていた…鎌倉・パート3

そうそう。

こないだ鎌倉に行ったとき。

江ノ電・長谷駅から、「鎌倉の大仏」に向かう途中。

「オバマ大統領が子どもの頃、大仏に来て抹茶アイスを食べた店」を発見したんです!

なんでわかったかと言うと。

Dscn1724

書いてあった(!)んですね。( ^ω^ )

しかし。

とても「控えめ」に書いてある。

「いやあのさぁ、わし、全然憶えてないし実感ないんだけどぉ…」と頭を掻いている印象であります。

おまけに最後の「店」の字が横に飛び出してるし。

(ところで。)

(イロイロ調べてみると、「(オバマ大統領が子どものころ)ここらで、抹茶アイスは売ってなかった」とか「誰も憶えてない」とかいう話も…)

(道々、アイスを売ってる店の店先を注意しながら歩いてたんだけど、ここまではっきり「立候補(?)」している店は他には無く…)

(実際のところ、「真相」はどうなんでしょうね~)

そんでこのお店。

駅から、「大仏」に向かって歩いて行く道の右手側。

「大仏」じゃなくて、「女の子の顔した達磨(?)」が目印であります。

大したことじゃなくて、すみません。

いや。

ちょっと思いだしたもんで。(*´ェ`*)

2010年8月11日 (水)

『デジカメ』の調子が悪い…

日ごろ、デジカメ持ち歩くことが多いんですが、最近、富に調子が悪いんですね。

出歩いていて、「おっ」と思った瞬間を切り取る。

狙っていた通りに写っていると嬉しいもんです。

たとえばこんな情景を撮りたいとします。

Img_1916

なのに、確認すると、こうなってる

Img_1915

いやいや。

異世界」を撮りたいわけじゃないんです…

カメラがこれ以上駄々をこねないように、眉根を寄せて「だめじゃないか」とか、優しくたしなめながら、さすってみたり。

ブランコに乗せたように軽く「遠心力」をかけてみたり。

もしかしたら、たて向きに撮ってみたら…、と思ってやってみると、

Img_1914

なんか…、溶けてます…。

というか、むしろ溶け方が強くなっていますね…(@Д@;

やっぱ…、酷暑だからなあ…

そして幾度にも亘るチャレンジの末。

Img_1911

このような一枚を撮ることができるワケなんですね。

そんで、なにを言いたいかというと。

たしかに、「ワタシ」も頑張った。

壊れかかった「Canon IXY」も、よく耐えた。えらい。

しかし最大の功労者は、人間とデジカメの悪戦苦闘を、同じポーズで見守り続けてくれた「」であることは確かでしょう。

ここに、拍手を送りたいと思います!

パチパチ…

あの…。ちょっと目が怖いんですけど…(u_u。)

Photo

2010年8月10日 (火)

『宇宙戦艦ヤマトの8ミリ映画』、発進!

Dscn1740

よく行くリサイクル屋さんのダンボール箱の中を覗いてみると。

なにかが埋もれておりました。

ほり起こしてみると。

「8ミリ映画ソフト」。

「8ミリ」って言っても、「8ミリビデオ」じゃありません。

「8ミリフィルム」ですね。

今でこそ、媒体はイロイロ入り乱れておりますが、1970年代半ばまでは、映像に関しては、ほとんどこの「8ミリフィルム」以外に、存在しなかったように思いますね~

(調べてみると、1976年にビクターが初めて造ったVHSの家庭用ビデオデッキは、定価26万5千円(!)で120分テープが一本6千円(!!)だそーです…)

(さらに、予約録画したいヒトは、別売「専用取り付けタイマー」を壱万円で購入する…)

(つまり…、リアルタイム録画しかできんかったんですね…(^-^;)

「8ミリフィルム」も、フジフィルムの「シングル・エイト」と、コダックの「スーパー・エイト」がありましたね。

(現在は共に撤退…)

Dscn1739

8ミリフィルムにしても、ソフトは高額であります…

同じ箱にもう一本あったのが、これ。

Dscn1744

ディズニーのドキュメンタリー映画ですね。

(ところで、サボテンの上に乗って、痛くないのか…?(・_・))

1970年代の後半ごろは、まだまだ8ミリ映画が現役でありました。

SF雑誌の裏広告に、「スターウォーズ」やら「宇宙大作戦(スター・トレック)」とか、特撮モノの広告が載ってて、「いつの日にか…」と思ったものでありました(笑)。

それが、いまではDVD。しかも安い。すごい時代であります。

それでも。

8ミリ映画ソフト見つけると、思わず買っちゃうオレって、なんなんだ…?

┐(´д`)┌ヤレヤレ

2010年8月 9日 (月)

鎌倉・パート2・『大仏』~『大船の観音様』・編

Dscn1726

えー。

仏様であります。

有名な鎌倉の。

実にこう、堂々としたお姿です。

そんで、感嘆しながら裏側に廻ってみると。

Dscn1727

窓が開いてるんですね、暑いから

ヒトが中に入れるようになってるんですから、

何事も衆生(!)のためであるはずなのですが、

最初見たとき、

「仏様くらいになりゃ、暑いっていっても前をはだけるわけにはいかないよなあ」

と笑ってしまいました。

いや、まったく、罰当たりであります。(汗)

(昭和生まれなもんで、子どもの頃刷り込まれた「信心の破片」みたいなものが、まだついてるんですね…( ^ω^ ))

僅かによぎった後ろめたさは、すぐに消えてしまったつもりでしたが、

帰途、立ち寄った大船で、ぎょっとしました。

Dscn1733

モノレール線が大船に近づくと、真正面の山の中腹の木立から、

まっすぐ、わたしの目を通して、心の中を覗き込むような視線が。

大船の観音様。

Dscn1734

おじいちゃんやおばあちゃんに連れられて、

神社に行ったときの子ども時代にフッと引き戻されて、

つい、

「ばかなこといって、わらって、すんません…」

とか、つぶやく自分を、何十年か振りに発見しました…(苦笑)。

鎌倉・鶴岡八幡宮・ぼんぼり祭りの『ぼんぼり』イロイロ

鎌倉に行ってきたわけです。

すると、たまたま「ぼんぼり祭り」ってのをやっておりまして、

境内は夜に向けて「ぼんぼり」取り付けをしておるのです。

いろんなヒトが絵付けした「ぼんぼり」が、まああちらこちらに並んでおりました。

たとえば、これ。

Dscn1719

「岡田武史」さん。ほっとした気持ちが伝わってきますね…(涙)

あと、こんなのも。

Dscn1720

「石原慎太郎」東京都知事さん。

憂いてますね。色々と。

はい、次。

Dscn1722

「養老孟司」さん。

虫、よっぽど好きなんだなあ。

ノー・メッセージで虫の絵だもん。(笑)

Dscn1714

「柳美里」さん。

養老さんとは対照的に、言葉で真正面から斬り付けてらっしゃいますね…

痛いです…

Dscn1715

絵本作家の「ささめや ゆき」さん。

ほっといたしますね…(微笑)

Dscn1713

「松沢成文」神奈川県知事さん。

おいおい、喫煙所の看板かと思ったぞ…(苦笑)

「フリーにスモークして、よし」とか。

(「スモークフリー」とは"煙から解放されて自由になる"という意味だそうな…)

禁煙条例のアピールね。しかし、どうよこれは…

てなかんじで。

結構楽しめたんですが…

夜から激しい雨!

大丈夫か!

「ぼんぼり」!

(…ちなみに、「ぼんぼり祭り」は8月6日~9日だそうであります…)

2010年8月 8日 (日)

『レーザー・ディスク』は、重いけど…

Dscn0435

レーザー・ディスク。

これは、ほんとに、どういうことだ~

と、今では感じますね。(シミジミ…)

とにかく重いしデカイ。

おまけに、長い尺のものだと裏返さなきゃいけない。(マジかよ…)

(東芝EMIから出てたのは、経年変化して、盤面の外縁部・張り合わせ部分からボンド(?)のようなネバネバしたのが出てたり…)

考えてみると、大変なシロモノであります。

でも。

DVD化していない(あるいはこれからもなりそーもない)ソフトも、結構あって、リサイクル屋さんで漁るのが、案外楽しいんですよね。

写真は、寺尾聰さんの1980年代のライヴ作品。

貴重かどうかは別にして、とにかく若いな~(笑)

2010年8月 7日 (土)

あっという間に、一年五ヶ月だ。

Dscn0018_4

いやあ。

時が経つのが、めっぽう、早い。

森繁さんも。レヴィ・ストロースさんも。加藤和彦さんも。

清志郎も、井上ひさしさんも、つかさんも。

みんな、あっという間に、立ち去ってしまった。

(上の写真も、以前と比較すると、“猫的・細身”だったのが、随分、“猫熊的・ドッシリ”に変貌してしまった…)

(おまけにブログの書き方も忘れるわ、写真はでかくてバランス悪いわ…)

(収入は少ないわ、クーラーは利かないわ…)

(味噌汁の具はいつもジャガイモだわ、おまけに少し芽が出てるわ…)

これらは全て、過ぎ去った時間の長さを表しているわけですね。

(いや違うだろ)

ということで、またブログもボチボチ書くことにしようっと。

(なんなんだよ…)

« 2009年3月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツリスト

  • 人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村40代男性日記
  • fc2ブログランキング

最近のトラックバック