フォト
無料ブログはココログ

« 『熱海の捜査官』、気になる… | トップページ | 『熱海の捜査官』、ぐわあ~、やっぱ、気になる… »

2010年9月 9日 (木)

『ノストラダムスの大予言』、DVDにしないで…

欲しい。」

観たい。」

経験したい。」

そう思っても、めぐり合わせが悪かったのか、「手に入らなかった」り、

「観ることができなかった」り、「体験できなかった」ことって、ありますよね。

「欲しかったあのモデルガン…」とか、「観たかった憧れのバンドのインディーズ時代のライヴ」とか。

あるいは「体験したかった、あの秘境に行ける最後のツアー」とか。               

そういった「出来なかったこと」の中には、なんか“すげえパワーのあるマボロシ”が入り込み、随分長い間、ヒトの心を捉え続けることがあるようです。

そして、仮に。

そのことを、時の流れの中で、忘れさっていたとしても。

あるとき、なにかのきっかけで、

再び姿を現したりすることがあるんです…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

古本屋で、こんなものを見つけました。

Dscn1984

1974年の、8月30日から9月5日にかけて、

日本劇場で行われた「山本リンダ」ショーのパンフ。

中を見ながら、

Dscn1985

「へー、バックバンドは“宮間利之とニューハード”かあ。じゃあ、演目にある“スピニング・ホイール”(BLOOD, SWEAT & TEARS の曲)は、ノリノリだね」

とか、

「“宮尾すすむ”さんもでてんのネ。やっぱこのとき既に、“ハイッ!”とか言ってでてきたんだろーか。」

などと、とりとめもなく考えていたんですが。

ちょうど真ん中あたりに、見開きで映画の広告が。

Dscn1986

おお、「ノストラダムスの大予言」!!

その瞬間。

ワタシは、かつてワタシを捉えていた、

“すげえパワーのあるマボロシ”のなかにいる自分を発見いたしました…

Dscn1987

そう。そうだった。

「由美かおる」さんは、「大ナメクジ」を、“今にも泣きだしそうな顔”で見るんだ!そうだった!

ちなみにワタクシ。

この映画、見てません。すごい見たかったんです。

(当時雑誌などに載っていた荒い印刷の写真を、食い入るように見てたのを思いだします。上のお写真も、そういった一枚でした…)

でも、ワタクシのご両親が“ダメ!”ってことで。

それでも。いやそれだからこそ、でしょうか。

なんか、いまだ“ドキドキ”するんすね、この映画のこと考えると…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

やはり、「丹波哲郎」さんです。

一人三役。欠かせません。この手の映画には。(=゚ω゚)ノ

(まあ、ワタシ、観てないんですけど…)

Dscn1988

事件としても、「ノストラダムスの大予言」ですから、そこはそれ、イロイロなことが起こるわけです。

上のお写真は、「一夜にして発生した雑草とその被害」の様子。

(「雑草」のせいで、電車が走れないみたいなんです…)

他にどんな現象が起きるかというと。

●赤潮の大発生して、漁師に自殺者続出。

(なるほど…)

●植物人間や人間が縮んでしまう新しいクル病の発生。

(凄そうですね…)

●一つの能力が異常に発達した子どもの出現。

(ほほう…)

「たとえば歩いてはいるのだが、物凄いスピードで走る子ども。ジャンプ力のみ異常に増大した女の子。電子計算機に負けない能力を持つ幼児。」

(う~ん…。「歩いてはいるのだが、物凄いスピードで走る子ども」ってどういう意味だ?「ジャンプ力のみ異常に増大した女の子」ってのも、イメージしづらっ!)

「20世紀少年」じゃないけど、昔から、あきらかに“世界の滅亡”は、“娯楽”だったんだなあ……………φ(・ω・ )メモメモ

………こうして時を過ごしていると。

どんどん、観たくなってくるわけですね。(u_u。)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そんで。

これ、日本ではDVD化されてない。(海外ではあるらしいが…)

……………あの。

DVD化しないでいいです、これ。

出すと、観ちゃう。

“ドキドキ”が消えちゃう。

そっと、しておきましょう、このまま………

« 『熱海の捜査官』、気になる… | トップページ | 『熱海の捜査官』、ぐわあ~、やっぱ、気になる… »

本日の“捕獲ブツ”です…」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、

私も、“世界の滅亡”もの大好きです。小学生の頃、読み耽ったものです。

中でもお気に入りは、知能が発達し高度な文明を手に入れたイルカが、人類を支配して奴隷にするという予言。

月面に降り立った人間みたいな装備を付け、地上に登ったイルカが、人間に銃を突きつけて、肉体労働を強いている挿絵が付いていました。

頭にかぶるカプセルの中には、丁寧に海水が描かれていました。なるほど、これでイルカは陸に上がれたんだ...。

でも、ある時、気が付いたんです。イルカは肺呼吸だから、海水の入ったカプセルはいらないって!!

でも、あの絵、もう一回見たいな..。

ごめんなさい、

“人類滅亡 イルカが侵略”

と検索したら、該当の絵が見つかってしまいました。これです、

http://image.blog.livedoor.jp/macgyer/imgs/8/f/8f535951.jpg

記憶と大分違いました。面目ない。

でも、イルカに不要な装備を付けている事には、間違いないです。

魚オーッ!もといウオオーッ!
“ド迫力”の絵ですねぇ。
TUTUさん、どうもありがとうございます!

ワタシ、多分、40年位後にブログで、この絵のこと、こう書くと思います…

「そう。そうだった。
『イルカ』さんは、『消火器みたいなの』を、背負って攻めてくるんだ!そうだった!」

あ。わかんないですけど。多分。

しかし。
“思い出の絵”。
よく見つかりましたね~(笑)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524477/49392340

この記事へのトラックバック一覧です: 『ノストラダムスの大予言』、DVDにしないで…:

« 『熱海の捜査官』、気になる… | トップページ | 『熱海の捜査官』、ぐわあ~、やっぱ、気になる… »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツリスト

  • 人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村40代男性日記
  • fc2ブログランキング

最近のトラックバック