フォト
無料ブログはココログ

本日の“捕獲ブツ”です…

2010年9月 9日 (木)

『ノストラダムスの大予言』、DVDにしないで…

欲しい。」

観たい。」

経験したい。」

そう思っても、めぐり合わせが悪かったのか、「手に入らなかった」り、

「観ることができなかった」り、「体験できなかった」ことって、ありますよね。

「欲しかったあのモデルガン…」とか、「観たかった憧れのバンドのインディーズ時代のライヴ」とか。

あるいは「体験したかった、あの秘境に行ける最後のツアー」とか。               

そういった「出来なかったこと」の中には、なんか“すげえパワーのあるマボロシ”が入り込み、随分長い間、ヒトの心を捉え続けることがあるようです。

そして、仮に。

そのことを、時の流れの中で、忘れさっていたとしても。

あるとき、なにかのきっかけで、

再び姿を現したりすることがあるんです…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

古本屋で、こんなものを見つけました。

Dscn1984

1974年の、8月30日から9月5日にかけて、

日本劇場で行われた「山本リンダ」ショーのパンフ。

中を見ながら、

Dscn1985

「へー、バックバンドは“宮間利之とニューハード”かあ。じゃあ、演目にある“スピニング・ホイール”(BLOOD, SWEAT & TEARS の曲)は、ノリノリだね」

とか、

「“宮尾すすむ”さんもでてんのネ。やっぱこのとき既に、“ハイッ!”とか言ってでてきたんだろーか。」

などと、とりとめもなく考えていたんですが。

ちょうど真ん中あたりに、見開きで映画の広告が。

Dscn1986

おお、「ノストラダムスの大予言」!!

その瞬間。

ワタシは、かつてワタシを捉えていた、

“すげえパワーのあるマボロシ”のなかにいる自分を発見いたしました…

Dscn1987

そう。そうだった。

「由美かおる」さんは、「大ナメクジ」を、“今にも泣きだしそうな顔”で見るんだ!そうだった!

ちなみにワタクシ。

この映画、見てません。すごい見たかったんです。

(当時雑誌などに載っていた荒い印刷の写真を、食い入るように見てたのを思いだします。上のお写真も、そういった一枚でした…)

でも、ワタクシのご両親が“ダメ!”ってことで。

それでも。いやそれだからこそ、でしょうか。

なんか、いまだ“ドキドキ”するんすね、この映画のこと考えると…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

やはり、「丹波哲郎」さんです。

一人三役。欠かせません。この手の映画には。(=゚ω゚)ノ

(まあ、ワタシ、観てないんですけど…)

Dscn1988

事件としても、「ノストラダムスの大予言」ですから、そこはそれ、イロイロなことが起こるわけです。

上のお写真は、「一夜にして発生した雑草とその被害」の様子。

(「雑草」のせいで、電車が走れないみたいなんです…)

他にどんな現象が起きるかというと。

●赤潮の大発生して、漁師に自殺者続出。

(なるほど…)

●植物人間や人間が縮んでしまう新しいクル病の発生。

(凄そうですね…)

●一つの能力が異常に発達した子どもの出現。

(ほほう…)

「たとえば歩いてはいるのだが、物凄いスピードで走る子ども。ジャンプ力のみ異常に増大した女の子。電子計算機に負けない能力を持つ幼児。」

(う~ん…。「歩いてはいるのだが、物凄いスピードで走る子ども」ってどういう意味だ?「ジャンプ力のみ異常に増大した女の子」ってのも、イメージしづらっ!)

「20世紀少年」じゃないけど、昔から、あきらかに“世界の滅亡”は、“娯楽”だったんだなあ……………φ(・ω・ )メモメモ

………こうして時を過ごしていると。

どんどん、観たくなってくるわけですね。(u_u。)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そんで。

これ、日本ではDVD化されてない。(海外ではあるらしいが…)

……………あの。

DVD化しないでいいです、これ。

出すと、観ちゃう。

“ドキドキ”が消えちゃう。

そっと、しておきましょう、このまま………

2010年9月 3日 (金)

これ、『フィギュア』の原点か…?

リサイクル屋さんの本棚に、突っ込んであったんです。

コレ。

Dscn1971

20ページくらいのブックレット。

「★★TAMIYA NEWS 1979 人形改造作品集」。

1979年度の、田宮が一般に公募した「人形改造コンテスト」の優秀作品を集めたものなんです。

チラチラ見てるうちに、昔が甦ってまいりました…

そうそう。いたなあ。近所に。

プラモデル好きなお兄さん。

Dscn1978

みたいなのとか。

Dscn1977

みたいなのとか、一杯持ってて。

そんなののパーツ組み合わせたり、自作パーツこしらえたり。

「オリジナル作品」作っては、見せてくれたっけ…。

いやあ、なつかしーねえ…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1979年。

「渡辺徹」さんの奥さんもバリバリの「現役アイドル」やってはりました~

ご紹介しますよってに、よろしく~!

「榊原郁恵」ちゃんですぅ~!

Dscn1948

(あ。)

(もしかして……、小金治…?)

(おまけに、このポーズ…。)

(「郁恵」ちゃんにも、“ともだちの魔の手が…?

(´;ω;`)ウウ・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

えー。

続きましてのご登場はぁ~

ただいま、人気沸騰中ぅ!

「ピンクレディー」のお二人ですぅ~!

どうぞ~!

Dscn1955

(おおっ。)

(これは。微妙…。)

(結構、各パーツ似てるだけに「悪夢にでてくる」度が、高い気が…)

( ̄Д ̄;;

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて。

それでは、ここで外国からのゲストが登場いたしますぅ~。

拍手でのお迎え、たのんまっせ~!

「カルロス・サンタナ」さんですぅ~!

Dscn1967

(おっと、すみません。)

(もちろん「サンタナ」さんは「地獄の軍団」じゃないです。)

(上に、ほら。「キッス」がいて。(-_-X))

(『ほんと、迷惑してんすよ。あいつらにも…。』~サンタナ談)

(確かに。)

(汚名を着せられて。)

カルロス、悲し気だ…。)

( ´;ω;`)ブワッ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それでは最後に、

ここまで、司会を務めさせていただきましたぁ、

「西川きよし」ですぅ!

ああ、ぎょうさんの拍手、どうもありがど~!

(泣く)

Dscn1959

(いやあ…………)(@Д@;

これ。)

(ぜったい、中に何か入ってる…)

(『寄生獣』かなんか…)ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

2010年8月20日 (金)

坂本龍馬っていえば、『Ronin』のCD、見つけた…

Dscn1846

ええっと、今日、ハード・オフに行ったんです。

んで、100円均一の「ジャンクCD棚」見てたら、懐かしいのがあって。

お写真の「Ronin」のCDなんです。

こちらの「坂本龍馬」さんは、「福山雅治」さんじゃなくて、「武田鉄也」さんなんですが…

(「武田鉄也」さんは、同じ「坂本」でも、やっぱ、「金八」さんかなあ…)

(でも、そーいえば「坂本金八」の「坂本」も、龍馬が由来だったっけ。)

こちらは、現在のような「大ブーム」からは、程遠い印象だったですが、CDの参加アーティストに関しては、堂々たるものでありますね。w(゚o゚)w

Dscn1854

なにしろ、「オフコース」さん、「加藤和彦」さん、「高中正義」さん、「マーク・ゴールデンバーグ」さん、「吉田拓郎」さんですから。

その他、キャストについては。

Dscn1857

なかなか、しぶいです…

Dscn1858

「高杉晋作」さん=「吉田拓郎」さんとか、

「山谷初男」さんなんて。(;д;)

あと、「川谷拓三」さん、懐かしー!!

Dscn1860

「勝海舟」さん、「石坂浩二」さんかあ、ふむふむ…

なんて、音楽聴きながら、楽しんでたんですが。

何気なく、検索してみると。

楽天オクでも「11700円」とかで落札されてるじゃないの…(@Д@;

ヤフオクでは、「4000~6000円」とかで…

アマゾンでは、「VHS」もプレミアで…( ̄Д ̄;;

いやあ、「坂本龍馬」さん、どこでも人気あって結構でございますね~

(*^ー゚)b

2010年8月18日 (水)

『真夏の夜のジャズ』、なんで再発しないんだ…?

いやあ。

暑いですねえ。ほんと。

今、夜中の零時半くらいなんすけど、気温、下がりません。

クーラー、切れなくて電気代も下がらず…

下がるのはワタシの集中力だけで。

しかしまあ、良いこともありました。

「真夏の夜のジャズ」のソフトを買ったんです。(レーザーディスクですけど…)

Dscn1839

こりゃ、最高。

今の季節にぴったりであります!

Dscn1840

なにしろ、モンクです。(曲の間に挿入される「ヨット」の映像がまた、いい感じ!)

Dscn1845

アニタ・オデイ。

素敵。

しかし。

変換したらいきなり、「兄他・汚泥」って出てきて…。「汚泥」とは…涙…、ううっ…許せん…

「許せん」といえば、このソフト、1999年にDVD化されてから、国内では、

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

っと、「廃盤」状態が続いているような気がするんですが…( ̄Д ̄;;

そんなことはあってはなりません。多分、なにかが間違っているに違いありません。

だって。

Dscn1844

すごく、いいんですから~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

アマゾンだと、勿論、プレミア付きであります…

(それでも、以前より下がったけど…)

ねえ。

DVDで見たい。(高いのはイヤ…)

再発して。

…おねがい…(。>0<。)

2010年8月10日 (火)

『宇宙戦艦ヤマトの8ミリ映画』、発進!

Dscn1740

よく行くリサイクル屋さんのダンボール箱の中を覗いてみると。

なにかが埋もれておりました。

ほり起こしてみると。

「8ミリ映画ソフト」。

「8ミリ」って言っても、「8ミリビデオ」じゃありません。

「8ミリフィルム」ですね。

今でこそ、媒体はイロイロ入り乱れておりますが、1970年代半ばまでは、映像に関しては、ほとんどこの「8ミリフィルム」以外に、存在しなかったように思いますね~

(調べてみると、1976年にビクターが初めて造ったVHSの家庭用ビデオデッキは、定価26万5千円(!)で120分テープが一本6千円(!!)だそーです…)

(さらに、予約録画したいヒトは、別売「専用取り付けタイマー」を壱万円で購入する…)

(つまり…、リアルタイム録画しかできんかったんですね…(^-^;)

「8ミリフィルム」も、フジフィルムの「シングル・エイト」と、コダックの「スーパー・エイト」がありましたね。

(現在は共に撤退…)

Dscn1739

8ミリフィルムにしても、ソフトは高額であります…

同じ箱にもう一本あったのが、これ。

Dscn1744

ディズニーのドキュメンタリー映画ですね。

(ところで、サボテンの上に乗って、痛くないのか…?(・_・))

1970年代の後半ごろは、まだまだ8ミリ映画が現役でありました。

SF雑誌の裏広告に、「スターウォーズ」やら「宇宙大作戦(スター・トレック)」とか、特撮モノの広告が載ってて、「いつの日にか…」と思ったものでありました(笑)。

それが、いまではDVD。しかも安い。すごい時代であります。

それでも。

8ミリ映画ソフト見つけると、思わず買っちゃうオレって、なんなんだ…?

┐(´д`)┌ヤレヤレ

2009年2月 9日 (月)

「佐井好子」さんがいる「道具屋」…

くもり空の下、山道を昇る。

枯れ枝が、ぱきっ、と音をたてて弾けるように折れる。

腐葉土を踏みしめながら身を引き起こし、瞬時に次に足を下ろす先を決めてゆく。

これ重要。

間違って粘土の露わなところだったりすると、足を滑らせてしまうかもしれません。

そんで、これなかなかムツカシイ。

昇るリズムは狂わせたくないんです。

そんな時に唱えるのは、“ユーロビート”の

「べードラ・四つ打ち(ドン・ドン・ドン・ドン…)」風でなく、

“ジャズ”の

ウオーキング・ベース(トゥー・ドゥー・クゥイッ・ター)」風(?)が、

おススメです。

こっちの方が瞬時に地面の“変化”に対応できるんですね。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

んで、なにしてるかというと、山登ってるんです。

道具屋さんに行こうと思って。

といって、“むかしばなし”の世界じゃないんで、普通の車道は通ってるんですよ。

でも、車出すほど遠くないし、この山越えたらすぐだから。

それは、

Img_1461 一風変わった道具屋。

店の脇に竹やら莚でこしらえた“不思議な建造ブツ”があって、「神棚」風のこしらえが造りつけられてたり。

店の“おやじさん”にそれとなく訊ねると、

「はは。買取してくるでしょ、その荷物置いとくの。盗られないんだよ…」なんか言っているけど。

倉庫じゃないよ。どう見ても。

(あ。写真は許可取ってますから、ご心配なく…)

一体、何なんだろうか…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

ここの“おやじさん”、レコードの“新着品”は「棚の上」に置いといてくれるので、ほんと、助かるんです。

山登ったあと、レコード棚全部さらうのって、案外「重労働」。

Img_1524 そんで見つけたのは「佐井好子」さんの

「二十才になれば/紅い花」(1975年)。

ジャッケットの白猫、左右の目の色違っておりまして、佐井さんの雰囲気にピッタリで、秀逸です~

「佐井好子」さんは、1970年代に、四枚のアルバムを発表した方なんですが、

Img_1525 モチーフとして、「夢野久作」さんに通ずる“夢幻”・“グロテスク”なイメージや、“エキゾチズム”を感じさせる楽曲によって、一種“カルト”的な人気がありますね。

(2008年には新譜を発表したり、にわかに周辺でも盛り上がっている様子でありますです…)

こりゃ、ついてる!ってかんじで、

「いいの入ってますね~」と“おやじさん”に言うと、

「はは。良かったね…」と笑いながら骨董の壷を静かに磨いている。

( ^ω^ )

Img_1526 次に見つけたのは、「古井戸」の「ちどり足」。

(右側のヒトは後の「RC」の「仲井戸麗一」さんですね…)

私も“足フラフラ”なんで、タイムリーだったですね~

Img_1527 それで、ジャケット見てて気付いたんだけど…、

端っこに“気になるお品物”が写っていて…。

このレコードが作られたのが、1972年。

情景は、「山小屋風」。

なんか気にかかるものがあったんで、“おやじさん”に

「あの…、“浅間山荘事件”っていつでしたっけ?」

と問うと、こちらに顔を向けもせず、瞬時に

「1972年」

と答えが返ってきました。

なんの淀みもなく。

まるで、今、そのことを考えていた、といわんばかりに。

私が、「ああ、そうだったっけ…」とつぶやいて会計を済ませ、

じゃあ、と会釈をして店を出ようとすると、

後ろから、「…あの事件が、どうかしたの?」と“おやじさん”の声が聞こえました。

いいえ、なんとなく、思いだしたんで…、なんか言って店を出たんだけど、しばらく後ろを振り向けませんでした。

振り向くと、こちらをジッと伺う“おやじさん”と、目が合いそうな気がしたから。

そうして、一度も後ろを見ずに家に戻ったんですが…、

………一体、何なんだろう?

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2009年2月 8日 (日)

未DVD化「AIR JAM 2000」と「薪」があった…

Img_1547_2 ちょっと失礼して、寝てます。

てえのも、今日は結構、疲れました。

まず、朝、川原に住む“ネコ”を見に行ったんです。

「一戸建て」に住んでるんですようなんすけど、まだ姿を見たことがないいんですね…。

Img_1670 あ。これですね。

近所のヒトが作ってくれたんでしょうね~

( ^ω^ )

そこにはちゃんと“看板”まで用意してあって、

Img_1671 住んでるのが「トラ」なんだなってことがわかりますね~

(゚▽゚*)

そのあとは、ブラブラと町に向かったんですが…

以前から気付いてたんですが、通りに面したところに「薪」(マキ)が積み上げてある店があるんです。

しかも、一応「商品」だと思われるんですが、夜もそのままだったりして。

(^-^;

まあ、盗るヒトがいないってコトなんだろうけど、火つけられたりしないのか?と人事ながら心配だったりして。

Img_1668 とりあえず、お店で一束お幾らか訊ねてみると、

「あー、一巻き735円、税込みで」ってことでした。

この様子だったら、「集金ポスト」とかおいて「完全セルフ・サーヴィス」でもいーんじゃないかなあ、って感じですが。

(そんなに甘くないよね…)

そのあと、Img_0576 古本屋さんに行ってみると…、

「Pizza of Death」の未DVD化ビデオ、

「AIR JAM 2000」を発見。

これ、“千葉マリン・スタディアム”でのライヴを収めてあるんですね。

「原爆オナニーズ」とかも出てて、なかなか“激しい”内容で欲しいヒトも結構、いらっしゃるようであります。

(・∀・)

そんで家に帰ってきて、「演劇ワークショップ」行って。

戻ってきたら、

Img_1557 こうなっちゃたんですね~

まあ、

疲れてなくても、

大して変わらないんですが、ホントは。

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングへ!よろしく~!

↑fc2.ブログランキングへ~!

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ

↑「ブログランキング ブログ村」行きです~!

m(_ _)m

★本文中の「写真」をクリック!していただくと、ちょっと“大きく”見ることができますです~

★ついでに、上のもクリック!していただけると…、嬉しかったりします~ヽ(´▽`)/

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツリスト

  • 人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村40代男性日記
  • fc2ブログランキング

最近のトラックバック